Posts

日系スーパーに行ったら、めずらしく金目鯛のあらが売ってた。

この日は金目鯛の丸魚もあったので、そちらは前日のお昼ごはんに、レモン蒸しでいただいた。
そして、こちらのあらのパックを、下ごしらえのために開けてみたら…。

なんと、二尾ぶんの頭とあらが入っている大盤振る舞いのパックで、ちょっと小躍りしちゃったです。
丸魚のほかに、切り身も売ってたので、そのあらをパックしたものなんでしょう。

わたしにとってはお宝!!
目だってキラッキラの、ピッチピチのあらがこんなに手に入るなんて!

しかも、魚の脂にアレルギーがあるのに体質的に魚をある程度は食べたほうが良いわたしでも、金目鯛は脂のノリがよいのにクセがなくて食べやすい、大好きな魚。
これを喜ばずして何に喜ぼう!!

魚料理が大好きな支配人に、どうやって食べたいか訊いたところ、「鯛そうめん」という回答が。

確かに、この量ならできますね。
本来は丸魚を煮付けて、そのお汁でそうめんをいただく「ごちそう」だけれど、あら煮でいただくのも、それはそれでコクがあって美味しいに違いない。

というわけで、あら煮をレモン蒸しと同時進行で作り、翌日のお昼ごはんにそうめんをいただいた。

あら煮の汁を椀にとって薬味とともにそうめんをいただき、身は小皿にとって食べる。
コクのある煮汁は、味がやや薄くてもじゅうぶんに美味しい。

頭も中骨もぜんぶせせって、目玉ももちろん、いただきました。

少し多めに作った煮汁はこのあと、お豆腐と舞茸とごぼうを煮付けて、最終段階へ。
ごぼうのおかげであらの臭みが全く無く、美味しい煮物になりました。