ウィンター・マーケットで出会った、コネチカット州の奥から来てくれるファーム。

ここのファームは、どこも育苗中でオフシーズンなのにもかかわらず、新鮮な葉物をたくさん持ってきれくれるのです。
そして、ここんちの葉っぱは強い!!!

数日たったくらいじゃしなびることもなくて、葉先のチリチリしたところは、この葉っぱが寒さにあたって育ってきたことを証明してる。
味も濃くて美味しく、すぐにお気に入りになりました。

毎週のマーケットでたっぷりと葉物を買うから、時には炒めものでワシワシといただきます。

この日はスイスチャード(フダンソウ)とケール。
にんにくと唐辛子をアクセントに海老も入れて、胡椒とナンプラーでささっと味付け。

わたしの青菜炒めは、敬愛する料理家・細川亜衣さんの「野菜」という本に載っている「カネコ式」に準じたもの。

青菜をバサーーっと入れたあとは、葉っぱのカサが半分になるまで決していじらないというやり方で、わたしの場合、調味料は葉っぱを脇に輪のように避けて、真ん中に空いたスペースで煮立ててから全体を和えます。

具材を入れるときも同じやり方で、調味料の前に投入して強めの中火でガッと火を通してから、調味料を加えて全体を合わせる感じ。

家庭の火力では、フライパンは振らないほうがうまくいくように思います。
きくち正太さんがご著書で表現していたように、鉄板だと思えばいいんじゃないかな、と。

海老はぷりぷり、青菜はざっくりしんなりの半生。
あーーー、炒めものがうまくできると、すごーーーく嬉しいーーー!!